ふるさと納税 松江銘菓詰め合わせ 風雅 松江 銘菓 詰め合わせ お菓子 《21020-20》 和菓子 お待たせ 【税込?送料無料】

【ふるさと納税】松江銘菓詰め合わせ「風雅」 松江 銘菓 和菓子 お菓子 詰め合わせ 松江 《21020-20》

8600円 【ふるさと納税】松江銘菓詰め合わせ「風雅」 松江 銘菓 和菓子 お菓子 詰め合わせ 松江 《21020-20》 スイーツ・お菓子 和菓子 各種和菓子セット 和菓子,銘菓,《21020-20》,/amok219000.html,お菓子,eurointernationaljodhpur.org,スイーツ・お菓子 , 和菓子 , 各種和菓子セット,松江,松江,8600円,【ふるさと納税】松江銘菓詰め合わせ「風雅」,詰め合わせ ふるさと納税 松江銘菓詰め合わせ 風雅 松江 銘菓 詰め合わせ お菓子 《21020-20》 和菓子 お待たせ! 和菓子,銘菓,《21020-20》,/amok219000.html,お菓子,eurointernationaljodhpur.org,スイーツ・お菓子 , 和菓子 , 各種和菓子セット,松江,松江,8600円,【ふるさと納税】松江銘菓詰め合わせ「風雅」,詰め合わせ ふるさと納税 松江銘菓詰め合わせ 風雅 松江 銘菓 詰め合わせ お菓子 《21020-20》 和菓子 お待たせ! 8600円 【ふるさと納税】松江銘菓詰め合わせ「風雅」 松江 銘菓 和菓子 お菓子 詰め合わせ 松江 《21020-20》 スイーツ・お菓子 和菓子 各種和菓子セット

8600円

【ふるさと納税】松江銘菓詰め合わせ「風雅」 松江 銘菓 和菓子 お菓子 詰め合わせ 松江 《21020-20》





大名茶人、松平春郷(不昧公)お好みの菓子「山川」をはじめ、舞松江の銘菓を詰合せました。「山川(やまかわ)」不昧公の歌を引き歌に名付けられた名代のお菓子。しっとりとした落雁で「紅」は葉、「白」は水(川)を表現したものといわれております。若草(わかくさ)」不昧公のお好み菓子の一つ。柔らかい求肥に若草色のそぼろをまぶした松江の銘菓です。「朝汐(あさしお)」淡泊で独特な小豆の皮むき餡と、ほのかな自然薯香りが自慢の銘菓です。日本海の岸壁に打ち砕ける白波の姿に思いをたくし創造いたしました。「路芝(みちしば)」香ばしい白ゴマ入りの求肥とほんのり抹茶を加えた餡を重ねてひとひねり。素朴な風味のお菓子です。松江の名刹、月照寺のお茶席にもご用命頂いております。「くろがねもち」松江城山の「くろがねもち」の木にちなみ名付けました。玄米粉とくるみに黒糖の味わいは、素朴で懐かしいお味です。
商品説明
名称松江銘菓詰め合わせ「風雅」
原材料名【山川】砂糖(国内製造)、寒梅粉、食塩/紅花色素
【若草】砂糖(国内製造)、白玉粉、餅粉、寒梅粉、水飴、卵白(卵を含む)、コーンスターチ/着色料(黄4、黄5、青1)
【朝汐】砂糖(国内製造)、小豆、山芋、上用粉
【くろがねもち】砂糖(上白糖(国内製造)、黒糖)、白玉粉、餅粉、くるみ、玄米粉、水飴
【路芝】砂糖(国内製造)、隠元豆、白玉餡(隠元豆)、水飴、餅粉、寒梅粉、白ごま、加工抹茶/トレハロース、着色料(クチナシ)

内容量・山川 1枚
・朝汐 4個
・路芝 3本入り×4
・くろがねもち 5個
・若草 6個
アレルギー
賞味期限山川・朝汐・若草:各 11日
路芝・くろがねもち:各 16日
(各商品に記載の上、最短の賞味期限を包装裏貼)
保存方法高温多湿、直射日光を避けて保存してください。
製造者有限会社 風流堂
島根県松江市
・ふるさと納税よくある質問
・寄付申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。

【ふるさと納税】松江銘菓詰め合わせ「風雅」 松江 銘菓 和菓子 お菓子 詰め合わせ 松江 《21020-20》

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.